MENU
【PR】2021年お金借りるアプリ詳しくはこちら

SIMフリーとは?おすすめの中古iPhoneやメリット・デメリットと注意点を解説

SIMフリーとは?おすすめのスマホやメリット・デメリットと注意点を解説
目次

SIMフリーのスマートフォンとは

情報化社会になって、ほとんどの人がスマートフォンを持つ時代になってきましたが、まだまだ携帯料金の通信料金の価格は完全には下がっていません。

それの基づき、沢山の通信事業でSIMを挿して使用することが出来るSIMフリーのスマートフォンが注目されています。

このスマートフォンは、格安のSIMを使用すれば、月々の通信費用をかなり節約できるということでメリットがあるとされていて、その格安SIMが起用できるスマートフォンというのはあらかじめ機種が決まっています。

中でもおすすめとされているものを見て検討してみるのも悪くはないはずです。

おすすめのSIMフリーのスマートフォン

お勧めのものとしてランキングでは、価格を抑えているOPPOのA73のeSIMに対応した有機EL搭載のものが5位にランクインしています。

次にシャープのiPhone 12 miniで5G対応のiPhone(5.4型モデル)で省エネの長時間の電池持ちを叶える史上最大容量のものが4位で、5.81型フルHD+有機EL(2340×1080ドット)を装備したスマートフォンGoogle Pixel 4aが3位になっています。

第2位はOPPO Reno3 Aで4眼カメラを搭載した6.44型スマートフォンで、耐水・防水の機能はもちろんのことスピードも、かつてないぐらいのものになっている高価格で高性能のものです。

堂々のランキングの一位は、iPhone SE (第2世代)のA13 Bionicを装備した第2世代です。容量が64GB 128GB 256GBで、12MP広角カメラ、大きなサイズのディスプレイでステレオサウンドが抜群の臨場感のあるもので、大画面でのゲームを十分に楽しめます。

このようにランキングで上位のものを参考にして、自分の用途にあったSIMフリーのものを選んでみるのも悪くはないでしょう。

\ 格安SIMと組み合わせて毎月の維持費を抑えよう/

iPhone SE (第2世代)

月々のお支払い目安月2,927円~月14,986円
SIMフリー端末価格46,498円~66,880円
発売日2020年4月24日発売
性能2020年4月24日発売 4.7インチ 12MP広角カメラ Apple Pay 耐水・防水 148g nano-SIM/eSIM
https://twitter.com/StrawberryOTSC/status/1350664935064313861

\ 格安SIMと組み合わせて毎月の維持費を抑えよう/

OPPO Reno3 A

月々のお支払い目安月2,496円~月73,920円
SIMフリー端末価格30,999円~39,800円
発売日2020年6月25日発売
性能6.44インチ メイン:4800万画素|超広角:800万画素|モノクロ:200万画素|ポートレート:200万画素 指紋/顔認証 おサイフケータイ対応 耐水・防水 nano-SIM

\ 格安SIMと組み合わせて毎月の維持費を抑えよう/

Google Pixel 4a

月々のお支払い目安月6,311円~月10,710円
SIMフリー端末価格42,900円
発売日2020年8月20日発売
性能5.81インチ 12.2 メガピクセル (デュアル ピクセル) おサイフケータイ 3140mAh 143g nano-SIM/eSIM
https://twitter.com/kenzy201/status/1342319160169123841

\ 格安SIMと組み合わせて毎月の維持費を抑えよう/

iPhone 12 mini

月々のお支払い目安月7,266円~月16,406円
SIMフリー端末価格79,360円~101,990円
発売日2020年11月13日発売
性能5.4インチ 12MP超広角カメラ/12MP広角カメラ Apple Pay 耐水・防水 133g nano-SIM/eSIM

\ 格安SIMと組み合わせて毎月の維持費を抑えよう/

OPPO A73

月々のお支払い目安月2,156円~月9,033
SIMフリー端末価格22,096円~24,800円
発売日2020年11月20日発売
性能 6.44インチ
 メイン:1600万画素|超広角:800万画素|ポートレート:200万画素|モノクロ:200万画素

\ 格安SIMと組み合わせて毎月の維持費を抑えよう/

SIMフリーのスマートフォンの選び方

高価なスマートフォンの特徴

基本的な使用の用途によって変わってくるのですが、主にゲームをしたり動画の撮影をする機会が多い方におすすめなのが、高性能なCPUを搭載しているモデルで、メモリも8GBという大容量のものがあります。

ゲームや3Dなどのグラフィック処理することにも特化しているので、高度なものを使用したいと考えている方にはお勧めのモデルが多いのが、ハイエンドモデルと言って8万円以上するものです。

次にミドルレンジと言って価格帯は4万円から8万円ぐらいで、比較的価格は高くはないのですが、ハイエンドにも迫るぐらいの性能を持ったものがたくさん揃っていて、普通にSNSでの使用や動画を視聴するぐらいの使用頻度であれば、快適に使えるモデルが多くあります。

カメラの性能も向上していて優れている製品が沢山あって、普通に撮影するにはデジタルカメラにも劣らないぐらいのものもあります。

ゲームなども十分に楽しめるぐらいの性能があるので、使用方法にマッチしたモデルを見つけてみるのも良いでしょう。

\ 格安SIMと組み合わせて毎月の維持費を抑えよう/

格安のスマートフォンの特徴

格安のスマートフォンと呼ばれている4万円以下のモデルも、気軽に購入できるモデルとして人気が有りますが、学生などが初めて試マートフォンアプリを購入する時などに使用することが多いとされていますが、一般の方でも2台目の携帯電話が欲しいと考えている人は、格安のSIMと組み合わせると、更に安くで購入時の負担金額も少なくて済みます。

これらのものを選んでいく過程で、カメラの性能を確認しておくことは重要なポイントです。

頻繁ではなくともこれからの時代は、写真や動画を撮影する機会も全くないということはないので、出来れば超高解像度の写真が撮れたり、動画を撮影するときでも4Kの動画が撮影できるモデルが良いです。

望遠レンズや広角レンズなどの複数のレンズを搭載しているものであれば、被写体がたとえ遠くにあったとしても、距離を詰める必要もない為、撮影しやすくなります。

手ぶれ補正機能が付いているものも、撮影には便利で安心してできます。

画面の大きさも大画面かが進んでいっている近年のモデルでは、6インチを超えているものも少なくありません。

映画を視聴するのにも、普通のサイズよりも大きいサイズの方が、快適にしようできると考えられます。

その一方で、携帯しやすさや操作の快適さを求めるのであれば、コンパクトな小さい製品の方が有利となってきます。

\ 格安SIMと組み合わせて毎月の維持費を抑えよう/

4インチ以下のスマートフォン

4インチ以下のものであれば、ポケットににも収納できて、片手で操作することも容易にすることが可能です。

使用用途によっては、最初から搭載しているストレージの容量というものも必ずチェックしておくことがポイントです。

アプリの使用を沢山したいと考えている方にとって、写真や動画を撮影する機会位も多いと容量がすぐに無くなってしまいます。

ダウンロードする場合も保存するデータ量が多い方であれば、最低でも64GBぐらいのものを使用する必要があります。

電子マネーを使用できる決済機能が搭載されているものだと交通機関を利用する場合には便利になっています。

防水や防塵の機能もアウトドアで使用する方には必要な機能で、スペックには1の桁が防水で10の桁が防塵機能を表していて、数字が大きいと高性能であることがわかります。

埃の多い場所や突然の雨にも対応できる性能です。

衝撃にも強い性能であれば野外での仕事をしている方でも使用しやすいです。

\ 格安SIMと組み合わせて毎月の維持費を抑えよう/

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる