MENU
【PR】2021年お金借りるアプリ詳しくはこちら

【確定申告】バレないおすすめ在宅副業ランキング10選

副業おすすめランキング10選

働き方改革が実施されることにより、本業以外の仕事を始める人が増えてきました。

また、感染予防対策としてテレワークを導入する企業が増え、減った通勤時間を副業にあてるケースも多くなっています。

この動向の中で自分も何かしてみたいけれど、どれが良いのか分からないという人もいるでしょう。

その場合は以下に挙げる10個から自分に合うものを選んでみましょう。

どれもおすすめ度が高い仕事なので挑戦してみる価値があります。

目次

副業おすすめランキング10選

アンケートモニター

第1位はスマートフォンさえあれば簡単にこなせるアンケートモニターです。

専門のサイトに登録しておけば、企業からアンケートが送られてきます。

基本的には回答して返信するだけなので何も難しくはありません。

アンケートの種類は多岐にわたっており、基本的には自分のプロフィールや得意分野とマッチするものが選ばれます。

たとえばメイクが趣味の若い女性であれば、化粧品メーカーのアンケートが送られてくるといった具合です。

文字数などの基準を満たしてれば、どのような回答をしても報酬はもらえるので本音で答えるようにしましょう。

\ モニター数全国150万人以上 /

データ入力

第2位はパソコンを持っていれば可能なデータ入力です。

発注側が用意したデータを指定されたフォーマットに入力していきます。

たとえば、紙やPDFで送られてきた売上表を表計算ソフトで記入していく作業などです。

あまりタイピングが得意でなくても問題はありません。

長い文章を入力するケースは少なく、テンキーを用いて数値を打つ案件が多いからです。

ただし住所や商品名などの入力はあるので、やはり最低でもキータッチに慣れておいたほうが良いでしょう。

ライティング

第3位はパソコンと文章力を使って行うライティングです。

発注側の要望にしたがって、レギュレーションを満たした記事を作成します。

レギュレーションというのは文字数や文末表現などです。

そう言われると難しく感じるかもしれませんが、基本的にはクラウドソーシングを利用すれば、自分の得意分野の発注だけを受けられます。

スポーツが好きであれば野球やサッカーの記事を書けば良いですし、アウトドアが好きであればキャンプやフィッシングの記事を書けば良いです。

しかし上記の2つの仕事と比べて、タイピングのスキルが必要になりますし、執筆する分野に関しては専門知識も求められます。

それらに自信がない場合は、簡単で短い記事の案件から取り掛かるようにしましょう。

食品配達員

第4位は食品配達員の仕事であり、近年になって急増しているという特徴があります。

自転車やバイクなどを用いて、飲食店が商品を客に届ける作業を代行するのです。

肉体労働なので本業に支障が出ないように気を付ける必要がありますが、屋外でのびのびと働きたい人には適しています。

受注や届け先の確認にはスマートフォンを利用するので、持っていない場合には購入しなければなりません。

また、道路交通法を順守することも大事であり、就業前に研修が用意されているケースも多いです。

家庭教師

第5位は小学生や中学生を相手に行う家庭教師です。

感染予防で自粛が求められる中、塾に通えない子どものいる世帯で家庭教師のニーズが高まってきました。

また、塾が少ないような田舎では都会と比べて以前から人気があります。

この仕事の最大の魅力は時給がとても高いことです。

時給にすると2000円を超えることは珍しくありません。

大学受験を控えた高校生を教える場合は4000円ほどの契約になるケースもあります。

家庭教師の斡旋会社に登録すると生徒を見つけやすいですが、毎月手数料などを取られるので要注意です。

また、その斡旋会社の用意した教材を使わなければならないような制約があることも珍しくありません。

ホームページやポスティングによる宣伝で生徒を獲得すれば、自分流のスタイルで教えてやすくなります。

講師

第6位は集団指導塾や個人指導塾で教える講師です。

一般的に集団指導塾のほうが報酬が高いですが、気負わずに教えやすいという点では個人指導塾が勝っています。

プログラミングの講師

第7位もそれらと似ていますがプログラミングの講師です。

学校でプログラミングの授業が導入されるため、早い段階から学ばせたいと考える親が増えてきました。

仕事でプログラミングを行っている場合にはうってつけの仕事といえます。

内職

第8位はステッカー貼りやアクセサリー作りといった内職です。

昔から人気のある内職であり、パソコンやインターネットを使えなくても問題ありません。

イラストレーター

第9位はイラストレーターで、これまで紹介した中で最も専門性が高いです。

SNSで使用するスタンプや店舗のロゴなど受注する内容は多岐にわたります。

専門性が高い分だけ報酬が良いのですが、そのような仕事にはソフトウェア制作も含まれます。

ソフトウェア制作

こちらが第10位となっており、時給に換算すると1万円を超えるようなケースもあるのです。

ただし納期が厳しい場合もあるので、スケジュールの管理をしっかり行いながら取り組まなければなりません。

副業バレないようにするには

副業をする時に、本業の会社にバレないようにするには確定申告の所得税と住民税を自分で納付するしかありません。

確定申告する時に、税金を自分で納付するというチェックする場所がありますので必ず忘れずにしましょう。

ココナラなどのクラウドソーシングでお金を稼ぐのであれば「確定申告時に副業で稼いだ税金を自分で納付する」これで問題ないのですが、掛け持ちで違う会社のパートやアルバイトとして働く場合は注意が必要です。

なぜ注意が必要なのかというと、パート先やアルバイト先の会社が所得税を給与から差し引いて税務署に納付するからです。年末の源泉徴収票というのを貰うと思いますが、本業にばれるリスクがあるのが「この部分」で別会社によって所得税や社会保険料を払っているのが間接的に後々わかってしまいます。(住民税が予定納付より多く請求来たりする)

バイト先やアルバイト先で所得税は自分で納付する旨を伝えて理解してくれる会社であれば色々手を打ってくれますが、そういう会社はあまり多くはありませんので気を付けましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる