MENU
【PR】2021年お金借りるアプリ詳しくはこちら

【しちだの魔法ペンならたった35日でバイリンガル】7+BILING UAL の評判とメリット・デメリット

【しちだの魔法ペンならたった35日でバイリンガル】7+BILING UAL の評判とメリット・デメリット

これからは国際化社会として英語という世界各国の共通語は、話すことが出来て当たり前の状態になるとされています。

しかし語学に関してはいきなり話せるようになるということは殆どなく、毎日の積み重ねであったり話せる環境に行かない限り難しいことです。

実際に大人になってから必要に駆られて、英語の勉強を初めても上達するにはかなりの時間が必要になってきますので、その点から踏まえても小さい頃から負担を感じないような学習方法が大切です。

そのように、小さい頃から負担を感じないで学習できるシステムが、しちだの魔法のペンという七田式の学習教材です。

目次

しちだの魔法のペンという七田式の学習教材

この教材ではたった35日で完結するバイリンガルの英語脳をプログラム出来ると言われていて、実際にこの販売元である七田式認定の教材は60年間に100万人の子供が体験していて成果を出しています。

しかもこの教材の優れているところは、子供というのは集中力が続かないので、一日にする時間が長すぎるとい飽きてしまうということを踏まえて、1日の使用時間はたったの7分で良いということになっています。

遊んでいる感覚で、自然にバイリンガルのスイッチが入るのです。

画期的な魔法のペンを使用した方からは、驚きと喜びの声とが続々と届いているぐらい評判が良いです。

まず基本的な七田式という教育の方法についてですが、人間には誰もが無限に可能性を持って生まれてきてるということを前提で、それぞれが持っている本来の才能を最大限に引き出していく為には、最も吸収率の高い幼児期が大切であると考えているのです。

その中で最も重要な要素として、心の教育を掲げていて、これからの世界の未来を担う事に必要な、大きな志や自らがリーダーシップを取れるような子に育つようにすることが目的としています。

そのためにもこれからの時代にあった教育をしていくことがポイントになるので、今の時代であればインターネットというものを使用して、日本国内だけでなく世界中の人々と繋がって、その中で他社との協調性や優れた人間性などを培っていくことが七田式の課題です。

実績に基づく研究

実績に基づく研究でもその重要性はいわれていて、幼児期に能力を高めることで、大人になってからの幸福度や経済的な安定につながるという結果が出ています。

そこからも教育にお金を投じるのであれば、就学前の幼児教育が最も成果が高いということもわかってきています。

この研究では経済的に余裕がなくて幼児教育を受けることのできない貧困世帯の子供たちを2グループに分けて、片方のグループには週に3回1日約2時間の幼児教育をしました。

この2グループが、その後どのような人生を送るのか追跡調査を行ったところ、教育を施したグループは爆発的にIQが伸びましたが、9歳を迎える頃には教育していないグループとの差は、ほとんどなくなりました。

ただし、ここから更に30年後に追跡調査をしたら、収入や持ち家率などに大きな差が生まれました。

結果からもわかるように幼児教育によって非認知能力が高まって、人間性はもちろんのこと学習の基礎が備わったことが大きな要因であるとなっています。

認知能力というのは一般的にIQテストでの数字で表すことができる能力ですが、非認知能力というのは自己認識やチャレンジ精神や誠実さ責任感などの数字では測ることのできない能力です。

今までの教育では認知能力に重点を置いていましたが、これからの社会ではこのような能力も重要なポイントとなってきます。

七田式のこの基本方針の元で、開発された魔法のペンは間違いなく幼い頃から無理のない教育で自然に進めていける英語学習の手本となることでしょう。

魔法のペン

魔法のペンは、ペンをテキストにタッチするだけで英語のフレーズが流れてくるもので、親が働きかけなくても自主的に取り組めるような好奇心を刺激する構造になっています。

ボタンのわずかに3つしかないシンプルな設計になっているので、小さなお子様でも簡単に操作することが可能です。

仮に電池を切り忘れたとしても、5分間使用しないと自動的に切れるようになっているので、電池の切り忘れの心配は不要です。他にも小さなパーツがないので、誤って呑み込んでしまったりすることもなく、重量もスマートフォンの半分の重さなので、疲れにくいです。

学校などで勉強するような堅苦しい感じの英語の文章ではなく、子供が日常に使用するような英会話のフレーズを盛り込んでいるので、自然な感じで取り組めます。

英会話教室などに通うとなると、機嫌が悪かったりした時にでも連れて行かなくてはいけませんが、自宅で学べるスタイルなので、機嫌の良い時間帯を見計って始めることが出来るのも魅力的です。

1日に聞く時間も短いので、遊びの延長のように無理なく継続出来きるのも良い点ですし、聞いたそのままを吸収できる幼児期だからこそ、このような優れた教材に触れさせてみるのも悪くはないでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる