MENU
【PR】2021年お金借りるアプリ詳しくはこちら

【徹底比較】初心者向けレンタルサーバーの選び方!おすすめランキング

【徹底比較】初心者向けレンタルサーバーの選び方!おすすめランキング

初心者がレンタルサーバーを借りる目的の多くは、独自のWebサイトやブログを構築して運営する事でしょう。

初心者におすすめのサーバーを選ぶ上で押さえておくポイントとしては、月額料金が安くてストレージ容量が多い事、WordPressによるブログを複数容易に構築出来る機能がある事です。

管理画面が分かり易いレイアウトになっていて、記事の管理がし易い事も大切になってきます。

長く運営していくには、使い勝手の良いサーバーを選ぶと良いです。

目次

初心者向けレンタルサーバーランキング

エックスサーバー

エックスサーバーおすすめ

運用サイト数180万件を誇るエックスサーバーは、月額900円から使える人気のサービスです。

サーバーは、ストレージにNVMeのSSDを搭載、48コアプロセッサと512GBのメモリーを搭載しているので、非常に高性能な環境が構築されています。

ネットワークも1.39Tbpsと極めて高速なので、これを共有して使った場合、高速で安定したサイト運営が行えます。

サイトを運営していくと次第にアクセス数が増えていき、その分サーバーに負荷がかかってきます。

その為、その急激な負荷の増加に耐えられるだけのサーバーの性能が求められるので、Webスペースを借りる場合には高速なサーバーでサービスを運営している会社を選ぶ必要があります。

エックスサーバーは、独自SSLを無料で使え、WordPressの移行も容易に出来るようになっています。

自動バックアップ機能や24時間365日のサポートなど充実した環境が提供されており、個人や法人が安心して使える内容が備わっています。

初心者におすすめのサーバーの一つであると同時に、法人で利用しているケースが豊富であるので、法人サイトを運営していきたいと考えている企業にとっても選択肢として有力でしょう。

\ キャンペーン中 /

ロリポップ

ロリポップおすすめ

ロリポップは、古くからある人気レンタルサーバーサービスです。

データベースを使わない場合には月々100円からの利用が出来るので、試しにサーバーを借りてサイト運営をしてみたい初心者には適しています。

データベースやPHPなどの各種スクリプト、WordPressの簡単構築機能など一通り揃ったプランでも月々500円からと安いのは魅力的です。

標準的な内容で構成されているスタンダードプランは月500円で提供されていますが、より高度な機能を搭載したサイトやブログを運営したり、規模の大きなサイトやブログを運営したりしたい場合には、ハイスピードプランを選択出来ます。

こちらは月500円から使えますので、多くのシーンではハイスピードプランやスタンダードプランで十分に活用出来ます。

ロリポップは、長年サービスを運営してきた事もあって初心者には使い易い仕様です。独自ドメインは運営会社が別に用意しているサービスを契約すれば使う事ができロリポップと連携されています。

また、この独自ドメインサービスはロリポップだけでなく、他のブログサービスなどでも設定で使えるので複数のブログやサイトに独自ドメインを適用して一元管理する事も可能です。

\ ハイスピードプラン爆誕/

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバーおすすめ

さくらのレンタルサーバーも多くの人々が利用している人気サービスの一つです。

プランはロリポップと似ていますが、さくらのプランには法人向けに最適化したプランが多数存在しています。

初心者向けのプランとしては、スタンダードプランとライトプランがありスタンダードプランは月額524円、ライトプランは月額131円で利用可能です。

ライトプランデータベース機能やPHPの高速化機能がありません。
ブログツールを使わずに、シンプルなWebサイトを構築して運営するのに向いています。
スタンダードプランブログ運営に必要な機能が全て揃っています。
PHPなどのスクリプトが使える為、WordPressでのブログ構築も行えます。

スタンダードプランは月額524円で使える為、運用コストも低くさくらの長年のサービス運用実績によってサーバーは安定して稼働します。

独自SSLは無料になっておりストレージの容量は100GBと大容量である為、長くサイトやブログを運営していくのに適しています。

初心者におすすめのサーバーサービスは、いずれもユーザーのニーズに応えてくれます。小中規模のサイトやブログ運営を行うには、これらのサービスは十分な機能と性能を提供してくれるでしょう。

\ 2週間無料/

まとめ

レンタルサーバーには共有スペース型と専有型があり、これらに加えてクラウド型もあります。

専有型は、CPUやメモリーやストレージを借りられるので、Webサービスなどの負荷がかかる用途で使えます。

クラウド型も同じような用途で使えますが、こちらは仮想マシン上にOSやブログツールなどを入れて運用していく事が可能です。

小中規模のブログやWebサイトを運営するなら、CPUやメモリーを他のユーザーと共有しながら、ストレージのみを専用に借りる事が出来る共有型でも機能面では十分に賄えます。

運営するブログやWebサイトの内容・機能などを考慮してレンタルサーバーを借りるようにすると無駄無く使えるのでランキングを参考にしていただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる