MENU
【PR】2021年お金借りるアプリ詳しくはこちら

【飲み方・便秘・美容効果】青汁とは?わかりやすく、メリット・デメリット詳しく解説

【飲み方・便秘・美容効果】青汁とは?わかりやすく、メリット・デメリット詳しく解説

青汁は飲めば健康になると、一般的に認知されています。

その歴史をさかのぼってみると、戦後の食糧難の時代に生きていくために必要な栄養を摂るためにと生まれました。

荒廃した日本は高度経済成長期を経て復興し、日々の食事に困ることはありません。

それでもなお、青汁は消えることなく飲まれ続けています。

そのメリットは、飲んだときにさまざまな効果が期待できることにあります。

目次

青汁のメリット

青汁のメリット・デメリット

現在、お店や通販サイトで販売されている青汁は、大麦若葉・ケール・明日葉などの緑黄色野菜を原料としています。

それらの野菜には、豊富なビタミンやミネラルが含まれており、食事の内容が和食から洋食へと変わってしまった現代人が不足しがちな栄養を補うことができます。

さらに飲むことで得られる効果について詳しく見ていくとまず便秘の改善ですが、食物繊維を摂取できるという点が大きいです。

食物繊維

食物繊維は2種類あり、それぞれが異なるアプローチで排便を促します。

その種類というのが水溶性と不溶性で、水溶性はその名の通りに水に溶ける性質があります。

水溶性の食物繊維は、善玉菌の餌になるもので、善玉菌が増えれば腸の蠕動運動が活発になります。

さらに不溶性は水に溶けないのですが、スポンジのように水分を吸収して膨らむ性質を持っています。

それが便に含まれることで、便のカサが増しますから排便しやすくなります。

新陳代謝

続いて肌に対する効果ですが、肌細胞が美しくなるためにはこまめに新陳代謝が行われなければいけません。

そのためには、肌細胞に必要な栄養が届く事が重要です。

前述のように青汁には豊富な栄養が含まれていますから、必要な栄養を確保できます。

血管の健康

さらに、その栄養が肌細胞に届くのは、運搬路である血管が健康であることも必要になります。

大麦若葉・ケールなどには、血管を詰まらせる悪玉コレステロールを抑える働きがあります。

さらにビタミンCなどには抗酸化作用があり、活性酸素によって引き起こされる動脈硬化の予防にもなります。

こういったことから、血管を若々しく健康な状態で維持できるので、血行促進効果が生まれます。

自律神経を整える

それから自律神経を整える効果にも注目するべきです。

自律神経が乱れると、血管が収縮して血液の流れが悪くなったり、ホルモンバランスの乱れるといったことが起きます。

そのせいで、体の様々な機能に影響がでてしまい、その状態を更に悪化させるのが老廃物の蓄積です。

老廃物は体の細胞が活動をしていく中で出たゴミで、有害なものです。

体の機能が衰えて、血流が悪くなったり便秘になったりすると、排出されるべき老廃物が蓄積されます。

老廃物は腸内環境は乱し、細胞の新陳代謝を低下させる要因です。

このように自律神経が乱れることは、健康を損なうことに繋がります。

そこで青汁を飲めばどうなるのかというと、腸と自律神経には相互に作用する働きがあり腸の活性化することによって、自律神経の乱れも改善していきます。

老廃物も排便によって外に排出されますから、危険な状態になることはありません。

細胞の新陳代謝が活性化すれば、臓器は正常に動きますし肌や髪の毛は古いものから新しいものへと置き換わり、美しい状態を維持できます。

アンチエイジング効果

健康と美容を維持するということで言えば、アンチエイジング効果についても知ったほうが良いです。

老化の原因となるのは、紫外線やストレスによって生み出される活性酸素です。

若い頃であれば、活性酸素は自らの力で消せますが、衰えていくと消す量よりも生み出す量のほうが上回ります。

そのせいで細胞が次々と傷つき、老化がおきます。

そこで抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンAなどを摂取すると、活性酸素は除去されて細胞が傷つくことは減ります。

これにより年齢に比べて若い状態の体を維持できます。

青汁の飲み方

多くのメリットがある青汁ですが、飲み方としては理想的なタイミングは朝です。

寝ている間に夜食べたものは消化され空腹の状態ですので起きた直後に飲めば、栄養が吸収されやすくなります。

それに朝は便を出しやすい時間帯ですから、腸をゆっくりと刺激することで、排便を促します。

その際には冷蔵庫で冷やした状態だと、胃腸に負担をかけてしまいますので注意です。

それ以外のタイミングでは、寝る数時間前や風呂上りに飲むのもおすすめです。体の水分が足りない状態で飲めば、吸収されやすいです。

寝る直前だと、胃腸に負担となるのであまり良くありませんのちゅいしましょう。

青汁のデメリット

最後にデメリットについても知ったほうが良いです。

含まれる栄養については素晴らしいですが、飲み心地はあまりに良くないというイメージが持たれています。

それは野菜の苦味や青臭さを感じることが理由です。

商品によってはその苦味や青臭さを消しているものがありますから、慣れていないときには飲みやすさを重視して購入したほうが良いでしょう。

あと粉末を溶かすタイプなどでは、水やお湯に溶けなくてコップに残りますし粉っぽさがきになります。

冷凍タイプであれば、粉末タイプのような粉っぽさはないですが、苦味が出やすいのが難点です。

おすすめの青汁

サントリー自然のちから極の青汁

続いて人気ランキング第2位に選ばれたのが、サントリーから販売されている自然のちから極の青汁です。

 続いて人気ランキング第2位に選ばれたのが、サントリーから販売されている自然のちから極の青汁です。

青汁を健康のために飲みたいと思っている人でも、味が苦手で挫折しまったり継続しなかったりといった人も少なくありません。

そんな人のために開発されたのがこの商品で、おいしさにこだわって作られているのが特徴です。

\ 送料無料!/

毎日1杯の青汁まろやか豆乳ミックス

最後に人気ランキング第3位に選ばれたのは、伊藤園から販売されている毎日1杯の青汁まろやか豆乳ミックス。

最後に人気ランキング第3位に選ばれたのは、伊藤園から販売されている毎日1杯の青汁まろやか豆乳ミックス。

国産原料にこだわって作られており、大麦若葉と緑茶、ケール、ブロッコリー、ほうれん草、はちみつ、豆乳の7種類がこだわって選ばれた国産です。

毎日の生活で不足しやすいと言われているカルシウムも配合されているので、1杯で幅広い栄養素を摂取できると評判です。

\ 送料無料!/

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる